まずは知ることから始めましょう

重要な役割

夫婦

男性は子作りを行うときに種を植えることはできますが、女性のように子どもを身体の中で育てたり出産することができません。
子作りや出産は年齢が若い方がリスクが少ないものの、高齢になるにつれて妊娠しづらい身体になっていきます。

女性は子宮が有るのでそこで赤ちゃんを育てますが、人によって妊娠しずらい体質の女性も居ます。
女性だけの責任ではなく、男性でも精子が機能しない人も居ます。どちらにしても子作りが上手くいかないカップルは、一緒に専門外来を受診することを勧められています。

一般的には、若い女性は身体も健康なので妊娠しても元気な赤ちゃんを生む確率が高いです。
しかし、病気にかかってしまった場合は体力が落ちてしまったり体質が変わってしまうので閉経してしまうケースも有ります。

最新の不妊治療に卵子提供が有りますが、昔から取り組まれてきたものがタイミング法です。
タイミング法は排卵時期が重要なので、生理が来る時期を見極めることが大切になります。

高齢を迎えてしまった女性は、子作りをしていても身体が妊娠しずらくなっています。
女性によって閉経の年齢が異なりますが、40代からの妊娠や出産は危険とされています。
卵子提供やその他の不妊治療も有りますが、身体が心配される場合は養子縁組で子どもを引き取ることも可能です。

自分の代わりに貰う

悩む女性

不妊治療といっても、女性自身の身体に負担がかかることは変わりません。
卵子提供は不妊治療の中でも約90パーセント以上の確率を保っているので、安心して受けることが可能です。

もっと読む

日本の流れ

考えこむ女性

世界では卵子提供で不妊治療を行っている人がたくさ居ますが、日本ではわずかな人数しか実施していません。
45歳から49歳の中高年が中心になって取り組んでいる不妊治療です。

もっと読む

会社を利用する

教える女性

日本では不妊治療は行っていても、卵子提供を実施している医療機関が少ないです。海外でドナーを探す場合は、専門会社に依頼すると日本より素早く対応してくれます。
ドナーの検索や通訳を行ってくれるので、料金を支払うだけです。

もっと読む

基本的な流れ

会話で分かった女性

卵子提供のドナーや手術先を決めてくれる会社は、不妊治療を求めている夫婦をサポートしてくれます。
相談から手術後まで見守ってくれるので、安心して任せることができる会社を選ぶことが大切です。

もっと読む